2018年01月16日

『Lovers In Abyss』楽曲解説

あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたしますm(_ _)m

こんにちは、Release hallucination emiです。皆様いかがお過ごしでしょうか。
昨年末にリリースした新作『Lovers In Abyss』は、気に入っていただけたでしょうか。
沢山のご感想本当にありがとうございます。制作の励みになっております。

さて、2018年最初の記事はkaoruによる作曲者視点でのセルフレビューです。
今まで詳細に書いたことがなかった部分ですが、
リリハルの曲がどんな風に作られているのか、少しだけわかるかもしれません└('ω')┘
是非読んでみてね!

*************************************************************


はい、ということで多少専門的になってしまいますが、『Lovers in Abyss』の解説をします。
『Lovers in Abyss』という楽曲がどのように構成されているか
譜面画像を交えつつ紹介したいと思います。

原型




0:00~
まず、冒頭
「シド#レド#レミ ミレミファ#ソファ# ソラシソラファ# ソファ#ミファ#ソファ#」
というこの一連の音列がテーマフレーズです。
近年のリリハル楽曲には、このようなテーマフレーズが存在している場合が多いです。
このフレーズを展開していくことで楽曲を構成する様々なパーツを作っています。


6連







0:04~
イントロ各音の間にルートであるB音を充填した6連符ユニゾンです。
(emi注:つまりB音(シの音)を抜かすと、テーマと同じフレーズになるのです。)
ドラムも6連符でユニゾンすることでインパクトのあるサウンドになっていますね。



ギターリフ









0:15~
続いてメタル風ギターリフですが、これも赤い音符だけ見るとテーマフレーズと全く同一の音列になっています。

ギターリフオク下









0:30~
これは同様にメタル風ギターリフのオクターブ下げバージョンです。
こういう事が簡単にできるのはドロップBチューニングのおかげですね。


5_8バージョン




3:57~
飛んで間奏部分のベースフレーズです。
(ギター用の譜面を引っ張ってきたので、実音はオクターブ下です。)
これはテーマフレーズの5/8バージョンです。
一瞬ドラムが5/4で刻むのでどちらの拍子が正解なのか曖昧ですが、メロディー上は5/8という解釈で問題ないと思います。しばらくこのフレーズが続き徐々にビルドアップされていきます。


6_8バージョン








4:44~
次はリズムが6/8になります。
基本的に各小節前半がテーマフレーズ、後半はルート音という構成です。



6_8逆行









4:49~
そしてここからやや複雑になるのですが、各小節前半のテーマが原型を後ろから読んだ形、
いわゆる逆行型になります。
(emi注:「あいうえお」が「おえういあ」になってる的なことですな( ・ὢ・ )

6_8バージョンinEm








4:55~
ひとつ転調し再度原型をEmキーで演奏しています。
(emi注:Bm→Emになっています。)

6_8逆行inAm








5:01~
そして4:49ではただの逆行でしたが、ここでは同時に転調もしてAmキーになっています。
このあとは同系統の流れがバッキングパートへと転じ、それを土台にギターソロ、キーボードソロと続いていきます。

テーマinクロマチック








6:26~
この半音階的なユニゾンフレーズも、大元はテーマフレーズです。
3連符の位置にくる音(赤い音符)がテーマと同一であり、3連符の裏にあたる音がそれぞれに対するアプローチノートとなっています。

クロマチックオクターブ下げ








6:29~
最後にこれは6:26のフレーズのリズム的拡大バージョンというか、
速度が半分になりさらにオクターブ下げたフレーズです。
やはり赤い音符がテーマで、その間にアプローチノートが充填されています。
ギターにはフェイザーがかけられ、ドラムもかなり変則的なリズムになるので、とてもカオティックな雰囲気になっていますね。


だいたいこんな感じです。
こうして一つのフレーズに執着して楽曲を構成することで、派手に展開しつつも統一感のある音楽ができるのではないかと思います。また逆にテーマフレーズ発祥ではないメロディーが浮かび上がって聴こえる効果もあるのではないかと考えています。
ついでにギター用タブ譜はこちら。弾いてみてね!


relehallu at 20:00|Permalink

2017年12月31日

本年もお世話になりました。

大変冷え込んでいますが皆様いかがお過ごしでしょうか。
大晦日の東京は降雪。冬コミ最終日はまさかのホワイトコミケとなりました。
ただでさえ海風で寒さが厳しいビックサイト。
戦利品で心はホカホカかと思いますが
一般参加で並んでいらした皆様は特に、疲れた体をしっかり労わってくださいね。


さて、今年も残すところ後僅かでございます。
今年のリリハルは丁度1年前の冬コミでリリースした
『Chronostasis』の残務で幕を開けました。
店舗委託やデジタル配信等が落ち着いた頃には春M3、6月にはAPOLLOへの参加。
夏コミでは初グッズ製作。ひっそりリリハルのロゴが少し新しくなったりもしました。
そして『Lovers in Abyss』製作期間中に秋M3と11月のAPOLLOを迎え、
先日27日無事リリース致しました。(コメントや感想、拝見しておりますよ!)
個人的にはあっという間の1年でした。
作品のリリース数こそ少なかったものの、それでもメンバー2名とも
今年は得たものも多く、良い1年となりました。


現在はアルバムに向けての製作期間に入っています。
お届け時期はまだ未定ですが、良いものを作りたいと思っております。
皆様本年も大変お世話になりました。
良いお年をお迎えくださいませ。

Release hallucination

relehallu at 14:56|Permalink

2017年12月26日

New Digital Single『Lovers in Abyss』配信開始!

New Digital Single『Lovers in Abyss』2017年12月27日 配信開始!


cdbaby

【配信サービス】
Band Camp ◆Booth
Google Play ・LINE Music ・Spotify ・iTune ・Amazon Music

◆=Include booklet and cover art(JPG/PDF) and "Lovers in Abyss"Off vocal ver.
◆=BandCampとBOOTHではブックレット(JPG/PDF)
  "Lovers in Abyss"Off vocal版が同梱されます。

現状Amazon Musicでの配信が少し遅れておりますが、順次配信開始いたします。
仕様(同梱物の有無)により一部サービスでは価格が異なります、ご注意ください。

*******************************************************************


ご無沙汰しておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
そんなわけで久しぶりの新作リリースとなりました。
今回は1曲のみ(Off Vocalを含めると2曲)の配信ですが、9分程尺がある曲なので、聴き応えがある内容ではないかなと思っております。

楽曲自体はM3前には大枠ができていたので、M3頒布なるか?という雰囲気はあったのですが
珍しくemiの作詞が詰んで異例のデジタル配信となりました。
一度デジタル配信もやってみたいね、という話があったのでチャレンジしてみたのですが、
物理メディアでのリリースは、やはりイベント合わせの方が喜んでいただけると思うので、
今後も基本的にはイベント合わせでのリリースになるかと思います。
ずっとデジタル配信のみで活動するよ!とかいうことではないのでご安心ください。

イラストレーションは今回もhayu先生にお願いしています。
配信サービスのシステム的な都合で、ブックレットやOff Vocal Verは
一部サイト(Band Camp,BOOTH)のみとなっておりますが、
宜しければ合わせてブックレットも眺めつつ聴いていただけたら嬉しいです。

Off Vocal Verの需要については入れておいてなんですが
私たち二人とも若干の疑問は持ちつつも…
コピーしてみたいって方、一緒に歌ってみたいって方もいらっしゃると信じて
思い切って初めて入れてみることにしました。
ハモだけになって、じっくり聴かれる機会は少ないもので若干緊張します。
思えば私emiも学生時代OFF Vocal音源で沢山練習をさせていただいた勢なので
歌の練習をしてるって方、良ければ一緒に歌ってみてください。


relehallu at 23:59|Permalink